通院に関するご質問

食事について気を付けたほうが良いことはありますか?

足立区で評判の心療内科「綾瀬メンタルクリニック」です。

うつ病のケースでご説明いたします。

うつ病になると、ストレスによる食べ過ぎで太ってしまうことがありますが、多くの場合は食欲不振に陥ります。
そのため、食事の内容を考慮する前に、薬を飲んで食欲を改善させる必要があります。

そもそもうつ病とは、脳内の神経伝達物質の異常が引き起こされるという見解があります。
神経伝達物質とは、「セトロニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」の3つで、これらがバランスを取りながら身体や精神面をコントロールしています。
何らかのきっかけで、この3つの物質が欠乏すると、バランスが崩れ、うつ病へと繋がります。
そのため、この3つの物質のバランスを維持できるような食事を意識することが、「気を付けたほうが良いこと」への回答になります。

神経伝達物質を維持できる食事には、まず「アミノ酸」を含むものが良いでしょう。
「タンパク質を控えた食事が多いと、うつ病になりやすい」と言われていますので、タンパク質が分解されて作られる「アミノ酸」の摂取は理にかなっています。
良質な「タンパク質」を効率良く摂取できるような食事をするように心がけましょう。
牛乳やチーズといった「乳製品」、納豆や豆腐などの「豆類」は、炭水化物や食物繊維を含む食べ物とのバランスが良く、肉類では「鶏肉」、「魚介類」も良いとされています。
これらのほとんどが身体そのものに良いと言われているもので、うつ病でない方にもプラスに働くのではないでしょうか。

うつ病の治療には、食欲を改善させる薬をはじめ、「抗うつ薬」などが欠かせませんが、私たちの身体の組織を形成するのは、やはり食事です。
毎日規則正しく食事を摂取し、継続すれば、神経伝達物質が正常なバランスを保てるようになるでしょう。

03-6662-9841
WEB診療予約
お気軽にお問い合わせください
診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
13:30~17:00 / / / / / /
14:00~17:00 / / /

※火曜午前は育児中の親御さんを優先的に診察しております。

綾瀬メンタルクリニック
医院情報

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-33-11-2F
アクセス
東京メトロ千代田線/
JR常磐線綾瀬駅西口徒歩1分
休診日
水曜日・日曜日・祝日

診療スケジュール

診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
13:30~17:00 / / / / / /
14:00~17:00 / / /
※火曜午前は育児中の親御さんを優先的に診察しております
web予約:こちらから簡単に受付ができます