強迫性障害

強迫性障害とはどんな病気?

強迫性障害とは、自分の意思に反してある考えが何度も浮かび払いのけることができなくなる強迫観念や、ある行為をしないと気がすまなくなる強迫行為によって、日常生活に支障をきたす病気です。
強迫性障害は、初期の段階で適切な治療を受けることが大切になります。

強迫性障害の主な症状

強迫性障害には、強迫観念と強迫行為の2つの症状がありますが、その両方が現れるケースが多いです。
以下の症状に心当たりがある、またはすでに強迫性障害でお悩みでしたら、足立区の心療内科「綾瀬メンタルクリニック」を受診されることをおすすめします。

強迫観念

  • 「家族の誰かが死ぬのではないか」「自分の手が汚れているのではないか」などの考えが何度も浮かび、
    払いのけることができない。

強迫行為

  • 手を何度も洗う、ガス栓や鍵を何度も確認するなど、その行為をしないと気がすまなくなる。

足立区の綾瀬メンタルクリニックでの強迫性障害の治療方法

強迫性障害では、主に「SSRI」という心のバランスを整える薬を処方し、治療を進めていきます。
患者様の希望のある場合は、臨床心理士による認知行動療法で治療を行うこともございます。
認知行動療法とは、パニックに陥る前に考え方のバランスを取り、上手く対処するための心の状態を作っていく治療法です。
なお、強迫性障害は日常生活に支障がないレベルまで治療することは可能ですが、症状を完全に無くすのは難しい病気でもあります。
そのため、完璧に症状を無くすことにこだわりすぎないことが重要です。

強迫性障害で足立区の綾瀬メンタルクリニックにご来院いただいた後の注意点

  • 比較的時間をかけながら徐々に症状の改善に向かいますので、治療の初期の段階で諦めないことが非常に大切です。
  • 飲んでいただく薬の量は、患者様の状態を見極めた上で調整していますので、
    飲む量・回数はきちんとお守りください。
03-6662-9841
WEB診療予約
お気軽にお問い合わせください
診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
13:30~17:00 / / / / / /
14:00~17:00 / / /

※火曜午前は育児中の親御さんを優先的に診察しております。

綾瀬メンタルクリニック
医院情報

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-33-11-2F
アクセス
東京メトロ千代田線/
JR常磐線綾瀬駅西口徒歩1分
休診日
水曜日・日曜日・祝日

診療スケジュール

診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
13:30~17:00 / / / / / /
14:00~17:00 / / /
※火曜午前は育児中の親御さんを優先的に診察しております
web予約:こちらから簡単に受付ができます