更年期障害

更年期障害とは、閉経に伴う女性ホルモンの減少が原因で、約2~3割の女性が更年期にかかる病気です。また、更年期障害は女性ホルモンの減少だけでなく、心理的要因(性格など)、環境要因(家庭環境、職場環境など)などの多様な要因が影響しています。このことから、更年期障害は一種のストレス性疾患であるとも言われています。

* 更年期とは、閉経前後の10年程度を指し、一般的には45~55歳の間とされます。

女性ホルモンは、脳の視床下部という部位からの司令により、卵巣から分泌されます。

* 視床下部とは、ホルモンの分泌を司るとともに、体温や消化器機能の調節、呼吸の調節、精神活動を司ります。

加齢に伴い卵巣の働きがゆるやかになることにより、卵巣からホルモンが分泌されにくくなります。視床下部はホルモンが足りていないと判断し、不足しているホルモンを分泌させようと、更にホルモンを分泌させるよう司令を出します。結果として、更年期障害のさまざまな症状が生じると考えられています。

症状が現れると、脳のアクセルとブレーキの役割を担っている交感神経と副交感神経(自律神経)のバランスがくずれ、さまざまなからだやこころの不調を引き起こすようになります。

更年期障害の主な症状

更年期障害では、主に以下のような症状が現れます。 気になる、当てはまると思うものがある場合は、足立区の心療内科「綾瀬メンタルクリニック」を受診されることをおすすめします。

身体的な症状

  • のぼせや顔のほてり、異常な発汗、動悸、息切れ、頭痛、など。

精神的な症状

  • 物忘れ、イライラ、不眠、抑うつ状態、集中力の低下、など。

足立区の綾瀬メンタルクリニックでの更年期障害の治療方法

更年期障害は、お薬を用いた治療(薬物療法)を主としたうえで、こころや生活にアプローチする方法を取ることもあります。なお、治療の目的は、①不足している女性ホルモンを補い不調を改善する、②自律神経のみだれによって生じている不調をやわらげる、に分類されます。メンタルクリニック(精神科/心療内科)では、主に②を取り扱います。

②自律神経のみだれによって生じている不調をやわらげる治療法においては、漢方薬、抗うつ薬、抗不安薬などを使用します。

*メンタルクリニック(精神科/心療内科)を受診するメリット

メンタルクリニック(精神科/心療内科)を受診すればいいのか、婦人科を受診した方がいいのか、迷われている方もいらっしゃるかもしれません。メンタルクリニック(精神科/心療内科)を受診して治療を行なう場合、以下のようなメリットがあります。

・ 更年期障害の症状だと思っていても、実は思わぬ病気が隠れていることもあります。うつ病など、他のこころの病の可能性を除外して治療にあたることができます。

・ 更年期障害は女性ホルモンの減少だけでなく、性格や生活環境、ライフステージの変化、ストレスなどの多様な要因の影響を受けるとされています。足立区の綾瀬メンタルクリニックでは医師や心理スタッフが十分にご不調(症状)の経過をおうかがいした上で、診察を行ないます。

更年期障害で足立区の綾瀬メンタルクリニックにご来院いただいた後の注意点

  • 症状が良くなったと思い、患者様の判断で薬を飲むことを止めてしまうと、再び症状が現われ、 逆に症状を重くしてしまうことがよくあります。
  • 飲んでいただく薬の量は、患者様の状態を見極めた上で調整していますので、 飲む量・回数はきちんとお守りください。
03-6662-9841
WEB診療予約
お気軽にお問い合わせください
診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~17:00 / /
18:00~21:00 / / / / /

※土曜日午後(★の部分)は13:30~17:00の診察となります。

綾瀬メンタルクリニック
医院情報

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-33-11-2F
アクセス
東京メトロ千代田線/
JR常磐線綾瀬駅西口徒歩1分
休診日
水曜日・日曜日・祝日

診療スケジュール

診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~17:00 / /
18:00~21:00 / / / / /
※土曜日午後(★の部分)は13:30~17:00の診察となります。
宮原メンタルクリニック
サポートメンタルヘルス
web予約:こちらから簡単に受付ができます