強迫性障害

強迫性障害はどのような症状が現れますか?

綾瀬駅周辺で評判の心療内科「綾瀬メンタルクリニック」です。

ご質問の強迫性障害について回答します。

強迫性障害は、「強迫観念」と「強迫行為」の2つの症状が現れますが、多くはその両方が現れます。

具体的に強迫観念とは、「家族の誰かが死ぬのではないか」「自分の手が汚れているのではないか」などの考えが何度も浮かび、払いのけることができない症状で、強迫行為とは、手を何度も洗う、ガス栓や鍵を何度も確認するなど、その行為をしないと気がすまなくなる症状を指しています。

気になる、当てはまると思うものがある場合は、お近くの心療内科・精神科を受診されることをおすすめします。

関連項目

強迫性障害

トップページ

03-6662-9841
WEB診療予約
お気軽にお問い合わせください
診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~17:00 / /
18:00~21:00 / / / / /

※土曜日午後(★の部分)は13:30~17:00の診察となります。

綾瀬メンタルクリニック
医院情報

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-33-11-2F
アクセス
東京メトロ千代田線/
JR常磐線綾瀬駅西口徒歩1分
休診日
水曜日・日曜日・祝日

診療スケジュール

診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~17:00 / /
18:00~21:00 / / / / /
※土曜日午後(★の部分)は13:30~17:00の診察となります。
web予約:こちらから簡単に受付ができます