お知らせ・新着情報

抗うつ薬とは

メンタルクリニックにて処方されることの多い抗うつ薬について説明いたします。

抗うつ薬とは

抗うつ薬は、名前の通り、抗うつ作用を期待して、うつ病・うつ状態の治療に用いられます。抗『うつ』薬という名前がついていますが、うつ病・うつ状態の治療に加え、不安症状(パニック症・パニック障害、社交不安症・社交不安障害、強迫症・強迫性障害、外傷後ストレス障害)の治療にも用いられます。

抗うつ薬の種類

抗うつ薬は、大きく、新しい抗うつ薬(セロトニン再取り込み阻害薬:SSRI、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬:SNRI、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬:NaSSA、セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節薬:2019年11月に承認された新薬)と、古い抗うつ薬(三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、その他)とに分類できます。新しい抗うつ薬は古い抗うつ薬と比較し重篤な副作用が生じづらいとされています。


国内で承認されている新しい抗うつ薬(計9種類)

  • SSRI:フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン、エスシタロプラム
  • SNRI:ミルナシプラン、デュロキセチン、ベンラファキシン
  • NaSSA:ミルタザピン
  • セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節薬:ボルチオキセチン

抗うつ薬の作用と副作用

抗うつ薬の作用

抗うつ薬はセロトニン、ノルアドレナリンを増強することによって作用が発揮されると考えられています(作用機序)。セロトニンは不安、緊張や衝動性と、ノルアドレナリンは意欲ややる気と関与しています。SSRIはセロトニンを増強する作用、SNRIはセロトニンに加えノルアドレナリンを増強する作用、NaSSAは、セロトニンとノルアドレナリンを増強する作用が想定されています。


抗うつ薬の副作用

副作用としては、吐き気や消化不良、性機能障害、眠気などがあります。NaSSAは、特に眠気が出現しやすいお薬ですが、その特徴を、不眠症状を伴ううつ病、不安症の治療に活用することもあります。副作用が出現した場合は、お薬の量を調整する、お薬を変更する、副作用をおさえるためのお薬を使用する、といった方法を取っていきます。診察の際は、作用の報告に加えて、副作用の有無を報告していただくとスムーズです。


抗うつ薬を服用するときの注意

抗うつ薬を服用するときの注意

いずれの抗うつ薬も作用が発揮されるまでには数週間を要することがほとんどです。また、作用が発揮されてから数か月間は、再発を予防するため服用を継続します。自己判断でお薬を増やしたり、やめたりせず、医師の指示に基づき服用を調整してください。

なお、作用、副作用の現れ方にはいずれも個人差があります。

関連項目

足立区綾瀬の心療内科・精神科|綾瀬メンタルクリニック

03-6662-9841
WEB診療予約
お気軽にお問い合わせください
診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~17:00 / /
18:00~21:00 / / / / /

※土曜日午後(★の部分)は13:30~17:00の診察となります。

綾瀬メンタルクリニック
医院情報

診療科目
心療内科・精神科
住所
〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-33-11-2F
アクセス
東京メトロ千代田線/
JR常磐線綾瀬駅西口徒歩1分
休診日
水曜日・日曜日・祝日

診療スケジュール

診療時間 日・祝
9:00~12:00 / /
14:00~17:00 / /
18:00~21:00 / / / / /
※土曜日午後(★の部分)は13:30~17:00の診察となります。
web予約:こちらから簡単に受付ができます